iPadからアクセスするWindows仮想デスクトップソリューション

iPadを導入したいが、機能的に既存のWindowsオフィスシステムを
そっくり置き換えることができないため導入を見送っている、
という担当者様は多いのではないでしょうか?

iPad上でWindows仮想デスクトップにアクセスすることで、
iPadでは利用できないWindows機能やアプリケーションの使用が可能となります。

PCとiPadを併用する場合、ハードウェアコストがより多くかかってしまいます。
また、PCの老朽化による買い替えの際も同様です。
複数のPCを一台のサーバーに集約することにより運用コストの削減にもつながります。